院長あいさつ

丁寧な診察と、分かりやすい説明を
心がけています。

安間眼科院長
安間 哲史

1988年に安間眼科を継承して以来、約25年、地域の皆さまの眼科医療に従事してまいりました。皆さまが安心して検査・診療・治療が受けられる環境をしっかりと整えることを最優先しております。また地域の医療機関とも連携して、白内障手術や緑内障手術、硝子体手術を始め、緊急入院、緊急手術にもできる限り対応できるように心がけてきました。
2010年に医院拡張も終え、以前よりはゆったりとしたスペースで、落ち着いて診察を受けて頂けるようになりました。また、診察で皆さまをお待たせすることのないように、一部の疾患では予約外来も行っております。スタッフ一同、今まで以上に充実した医院を目指すと共に、皆さまの「目の健康」を応援していく所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

院長略歴

1974年 (昭49年) 名古屋大学卒業
1979年 (昭54年) 名古屋大学大学院修了
1982年 (昭57年) カルフォルニア大学バークレイ校
1983年 (昭58年) 米国NIH奨励研究員(@ カリフォルニア大学)
1988年 (昭63年) 安間眼科継承

資格・専門

医学博士・眼科専門医・愛知県眼科医会名誉会長
専門/網膜硝子体、白内障、緑内障、色覚

  • 採用情報
  • 眼科ジャーナル

ページの先頭へ