多焦点眼内レンズ移植術

さまざまな目の病気について、
その内容や治療方法などをご紹介します。

多焦点眼内レンズ移植術とは

単焦点眼内レンズはピントが固定されています。そのため単焦点眼内レンズを移植した場合には、遠近にピントを合わせることができませんので、この「老視」状態による眼鏡のはめ外しが厄介な問題として起こります。
この問題を解決するのが、遠近の両方にピントが合う多焦点眼内レンズの移植です。

手術後の注意点

多焦点眼内レンズ移植後は、強い光をまぶしく感じたり、光の周囲に輪がかかって見えるなどの現象が起こります。時間と共に軽減しますが、夜間に長時間、自動車を運転する方は余り良い適応ではありません。

■グレア

夜間、暗い所でヘッドライトなどの強い光を見た時にまぶしく感じる

■ハロー

光の周囲に輪がかかって見える
 

多焦点眼内レンズの種類

多焦点レンズには、アルコン社の「レストア」を代表とした回折型レンズとAMO社の「リズーム」を代表とした屈折型レンズの2種類があります。

いずれも「多焦点眼内レンズ」といわれていますが、実際には「二重焦点眼内レンズ」です。
使う人の生活様式や目の状態によって、必ずしも満足できるものではありませんが、日常生活の大半を眼鏡なしで不自由なく過ごすことができます。

※多焦点眼内レンズは保険適応ではありませんが、当院での多焦点眼内レンズ移植は、高度先進医療に認可されておりますので、手術費の一部に健康保険が使えます。詳細につきましては、担当医師あるいは、担当スタッフにご相談ください。

ページの先頭へ