コンタクトレンズ処方の検査

眼科医師の検査で
適切なコンタクトレンズ・眼鏡を処方します。

初めての方は検査に時間がかかります。余裕を持ってご来院ください。

屈折検査

近視や遠視、乱視の度合いを測定。
レンズ装着後の適切な視力を確認し、レンズの度数も決定します。

視力検査・眼圧検査

屈折検査後に視力検査を行い、見えるか見えないかの自覚的な視力を確認します。
また眼球の内圧を測る眼圧装置で、眼球に瞬間的に空気を吹きつけ、角膜のへこみ具合から眼圧を測定します。

角膜形状解析

角膜のカーブや表面の形を測定し、その人の目にあったコンタクトレンズを選びます。

角膜内皮細胞検査

5つの層からなる角膜の最も内側にある層を調べます。
コンタクトレンズの使用により、この細胞の働きが弱くなることも。
一定数以上が必要な細胞のため、数・形などを確認します。

細隙灯(さいげきとう)検査

医師による診察。暗い室内で、目に細い光の束を斜めの方向から当てて、角膜、結膜、水晶体などに異常がないか調べます。

診察

目の健康状態や、生活習慣、趣味などを考慮し、コンタクトレンズに適するかどうかを判断します。レンズの形状も決定します。

フィッティング

実際にコンタクトレンズを装用し、着脱の練習を行います。
スタッフがマンツーマンでアドバイスします。

  • 採用情報
  • 眼科ジャーナル

ページの先頭へ