最新の眼科ジャーナル

DMRのない小児DMにおけるOCTA

Graefe's Archives for Clinical and Experimental Ophthalmology 257巻 (4号) 2019

Enlargement of the foveal avascular zone detected by optical coherence tomography angiography in diabetic children without diabetic retinopathy.
Niestrata-Ortiz et al(UK)
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 257(4): 689-697, 2019
・網膜症のない6~18歳のDMの小児112名と、年齢をマッチさせたCtrlの30名について、Topcon OCTAで表層superficial(SCP)と深層の毛細血管叢deep capillary plexus(DCP)のFAZを測定した。
・DM群をDM罹病期間により、Grp1:<5年(n=40)、Grp2:5-10年(n=42)、Grp3:>10年(n=30)に分けた。
・平均DCP FAZはDM罹病期間とともに拡大していた。
・Grp1:503.3±137.9mm2、Grp2:523.9±159.4、Grp3:543.5±190.4で、いずれもCtrl:409.8±116.6より有意に大きかった(全てp<0.001)。
・平均SCP FAZもGrp1:314.6±109.9mm2、Grp2:293.3±116.3、Grp3:307.7±140.4で、いずれもCtrl:286.4±126.6より有意に大きかったが、両者の差はGrp1:188.7±94.8mm2、Grp2:230.6±99.4、Grp3:235.8±105.1で、罹病期間が長いほど、Ctrl:123.3±73.1との差が大きくなっていた。
・DMRの進行に深層の毛細血管叢が関与している可能性を示唆しており、また、OCTAは小児DM患者の有効な診断手段になりうる(TY)

過去のアーカイブ