ドライアイ

さまざまな目の病気について、
その内容や治療方法などをご紹介します。

ドライアイとは

かわき目とも呼ばれます。
涙の量が減る、涙は出ているが蒸発が早いなど、涙の量や性質が低下する事で角膜や結膜の環境が悪くなる状態です。

症状

  • 目が乾く
  • 眼痛(目が痛い)
  • 羞明(光がまぶしく感じる)
  • 異物感(目がゴロゴロする)
  • 充血(目が赤い)
  • 目の不快感

なかには「かわき目なのに涙が多く出て気になる」といった事も起こります。
角膜の障害が強い場合は視力が低下する事もあります。

原因

  • 加齢とともに涙の分泌が低下し、涙の安定性が低下する
  • パソコンなどの長時間の作業(まばたきが減少する)
  • コンタクトレンズの長期装用
  • 部屋の湿度など

    パソ"コン"、エア"コン"、"コン"タクトレンズ、の3つの"コン"が影響しやすいといわれています。

  • シェーグレン症候群(原因不明の自己免疫疾患)
  • レーシックなどの屈折矯正手術の後

治療方法

点眼療法

人工涙液、ヒアルロン酸点眼、ステロイド点眼などを重症度に応じて組み合わせます。

外科治療

点眼のみで改善しない場合は、涙点プラグ、涙点閉鎖術などの外科治療を行うことがあります。

生活の中で注意すること

部屋の空気の乾燥を防ぐ、エアコンの風が当たらないようにする、モニターを目線より低い位置にする、作業中は意識的にまばたきを増やす、コンタクトレンズを適切に使用する、などに注意します。
涙の蒸発を防ぐ目的でドライアイ眼鏡を装用することも有効な場合があります。

  • 採用情報
  • 眼科ジャーナル

ページの先頭へ