白内障の検査・診察

さまざまな目の病気について、
その内容や治療方法などをご紹介します。

問診

まず次の点を確認いたします。

  • 1)症状が現れた時期
  • 2)症状が現れる前の視力(眼鏡やコンタクトレンズで矯正したもの)
  • 3)ほかの病気の有無(高血圧、糖尿病、アレルギーなど)
  • 4)目の病気やケガをしたことはあるか
  • 5)服用中の薬はあるか

視力検査・眼圧検査

遠くを見るときの視力を調べる「遠方視力検査」を行います。
進行した白内障の場合、水晶体が膨らんで眼圧が上がり、緑内障を併発することがあるため、眼圧の検査も行います。

診察

目に細い光の束を斜めの方向から当てて、角膜、結膜、水晶体などに異常がないか確認します。また「倒像鏡」という検査用の器具を用いて、眼球の奥にある網膜などの状態を調べます。

白内障と診断された場合、経過観察、点眼療法、あるいは、手術かの治療法を選択します。白内障が進行し緑内障やぶどう膜炎を併発する恐れがある場合は、緊急に手術が必要になる場合もあります。

白内障について詳しくはこちら

  • 採用情報
  • 眼科ジャーナル

ページの先頭へ