最新の眼科ジャーナル

毛細血管瘤のOCTAでの検出

American Journal of Ophthalmology 179巻 2017

Diabetic microaneurysms internal reflectivity on spectral-domain optical coherence tomography and op0tical coherence tomography angiography detection.

Parravano M et al(Italy)

Amer J Ophathalmol 179(7): 90-96, 2017

・黄斑浮腫のない非増殖性DMR16例について、その毛細血管瘤のSD-OCTとOCTA画像を比較した。
・SD-OCT上では、145個のMAが見つかり、47個(32.4%)は高反射像、71個(49%)は中反射像、27個(18.6%)は低反射像であった。
・このうち、画像がはっきりしている135個についてOCTA結果を見ると、76個(56.3%)は深層毛細血管叢DCPのみにみられ、9個(6.7%)だけが表層毛細血管叢SCPにあり、29個(21.5%)はDCPとSCPにあり、21個(15.6%)はOCTAでは見つからなかった。
OCTAで見つかったものは、SD-OCTでの高反射像(40/47 88.9%)、中反射像(56/71 88.9%)、低反射像(18/27 66.7%)で、高反射像のものの方が有意に見つけやすかった(TY)。

過去のアーカイブ