最新の眼科ジャーナル

調節に伴う水晶体の形状解析

その他のジャーナル 72巻 (7号) 2018

調節に伴う水晶体の形状解析
石田暁他(北里大)
臨眼 72(7): 1009-1012, 2018
・調節負荷に伴う水晶体形状変化をCASIA2で解析した。
・対象は22-32歳(27±4歳)。
・水晶体前面曲率半径は調節負荷に伴い小さくなり、0Dでは11.87±1.22、3Dでは10.86±1.08で有意差があった(p=0.0357) (TY)

過去のアーカイブ